教育ツール・研修

「一人前の仕事力」を持った人材を育成するために、育成ステージに応じてさまざまなサービスを提供いたします。ダイヤモンド社の適性検査、組織診断ツール、教育ツールと連動させた効果的な研修プログラムは、貴社が抱える課題、ご要望、業界特性により、実務に直結する組み合わせ、カスタマイズが可能です。
1

仕事に対する正しい信念を植え付ける

優秀な人材を採用しただけでは「一人前の仕事力」への路は開けません。すくすくと育つ人材がいる反面、間違った価値観を持ってしまうことにより成長の芽を自ら摘んでしまう人材もいます。若手社員が正しい価値観を身につけ、順調に一人前へと育っていくための学習ツール・サービスを提供しています。
2

仕事の基本的な進め方を身につけさせる

人間の能力開発の70%は仕事上の経験によることがわかっています。経験学習理論によれば、人は、(1)具体的な「経験」をし、(2)その内容を振り返って「内省」することで、(3)そこから得た教訓を「抽象的な概念」に落とし込み、(4)それを「新たな状況に適用」することによって成長します。同じ経験をしても、そこから学ぶ人と学ばない人がいるのは、経験学習のサイクルが回っていないからです。経験学習サイクルを回すコツ、成長するための仕事の進め方を身につけるための学習ツール・サービスを提供しています。
3

業務知識、スキルを身につけさせる

仕事をする上で最後に必要になってくるのが、具体的なビジネススキルです。上司に報告書を書く、企画書をまとめる、マーケティングプランを作成するなど、若手社員が入社後3年以内に身につけておきたいスキルは多様です。現場ですぐに使えるスキルを身につけるための学習ツール・サービスを提供しています。
▲ ページトップへ

サービスの特徴

1

「経験から学ぶ力(経験学習)」のトータル・ソリューション

職場での人材育成の要諦は、社員一人ひとりが「仕事の経験から学ぶ力(経験学習)」を習得・定着させることだと考えます。
各研修には、経験学習の定着化ツール『経験学習ノート』の活用をはじめ、受講者が自らの経験を振り返る経験学習のエッセンスが組みこまれています。
経験学習のメカニズムを若手社員・OJT担当者・マネジャーの各レベルで推進する「育成三層構造モデル」で若手社員・OJTトレーナー・マネジャーの各階層で経験学習を推進する研修プログラムをご提供いたします。
2

「気づき」が生まれるワークショップ形式の「知識創造型」研修

講師による情報提供を中心とした「知識獲得型」研修ではなく、研修の場で受講者が自らの経験を振り返り、受講者間の「対話」による相互作用を促すワークショップ形式の「知識創造型」研修をご提供いたします。ファシリテーション・スキルを身につけたベテラン講師が受講者の「気づき」を誘発します。
3

課題を「見える化」する各種診断ツールと連動した「ツール&カスタマイズ」

各研修は、「DPI(職場適応性テスト)」、「DLL(OJT診断システム)」、「WPL(「現場の学び」診断システム)」等のダイヤモンド社診断ツールと連動させることができます。
これらを研修プログラムに組み込むことにより、各社・各受講者の課題を「見える化」し、その課題解決の場として研修を実施することができます。

コースラインナップ

貴社が抱える課題、ご要望、業界特性により、実務に直結する組み合わせ、カスタマイズが可能です。
<三層構造モデル連動研修>
<新入社員向け研修>
<マネジャー向け研修>
<若手社員向け研修>
<その他研修>