適性検査

一人前の仕事力を持った人材を早期に育成するためには、「成長する人材」「成果を出す人材」「協働できる人材」を採用時点で見抜くことが重要です。企業社会で活躍できる人材を的確に見抜くアセスメントツールとして、ダイヤモンド社の各種適性検査をご提供しています。

職場適応性テスト DPI

組織に適応し、成果を上げる可能性の高い人材を予測できます。
▲ ページトップへ

ストレス耐性テスト DIST

ストレスを乗り越えていくための「ストレス対処資質」、「原因別ストレス耐性」を診断します。
▲ ページトップへ

営業販売職適性テスト DSI

顧客対応力があり、営業・販売活動で十分に実績をあげる力があるかどうかを、行動特徴からチェックし、予測することができます。
▲ ページトップへ

変化対応力診断テスト D-CAPS

変化をいち早く認知し、課題に主体的に挑戦し、様々なプレッシャーをはね返し、深く柔軟な視点で仕事を進める「変化対応力」に優れた人材を見極めることができます。
▲ ページトップへ

知的能力テスト DII

働く現場で必要とされる知的能力(一般知力、遂行力、判断力、指導力、企画力、創造力)の中で、どの知的能力特性が期待でき、またどの能力特性を欠いているのかを診断することができます。
▲ ページトップへ

知的能力テスト PUREシリーズ

知識や記憶力ではなく、仕事を成し遂げるために必要な「考える力=Pure Intelligence」を診断します。「文章理解力」「問題解決力」「データ分析力」「関係把握力」 の4特性、「論理展開度」「数理思考度」の2傾向から知的能力を判定します。
▲ ページトップへ

基礎能力診断テスト DBIT

作業を効率的に行うために必要な基礎能力(文意把握、言語推論、四則演算、数列)を診断します。短時間で多数の問題を解答させることで、業務の正確性と効率性がわかります。
▲ ページトップへ
総合能力検査

総合能力診断システム DATAシリーズ

企業が求める人材を「知的能力」と「態度能力」の両面から診断し、組織に適応し、成果を上げる可能性の高い人材を予測できます。
▲ ページトップへ

情報技術者適性診断テスト DATA-OA

情報技術者に必要な態度能力と知的能力の両方を診断することで、職場に適応し、成果を上げる人材を採用できます。